作者別: admin

ウィッグは通気性大事

医療用ウィッグは基本的に一般的なウイッグと同じです。しかしながら通常おしゃれやファッションとしての装着が多く、一部白髪隠しとしての意味合いで購入されますが、医療用とつくものはほとんど日常的に装着します。いわば地毛の一部として装着するものですから、通常よりも長い時間装着する事になります。

そうなると懸念されるのは蒸れるという事です。さらに毛量も多いですから重さも重要ですし可能な限り自然な形にならなければいけません。実際の頭の形にフィットしていなければいけません。要は大変完成度の高いレベルを要求される事になります。デザインや形も人によっては気になるでしょう。違和感なく装着してもらうために、できる限り患者さんの要望に応え得るものになっていなければなりません。

現実問題として通気性で選ぶという選択も重要です。こればかりは実際に装着してみないとなかなかわからない部分ですから、必ずお試し体験をしてからウイッグを選んでください。実際長時間装着しても通気性が失われない工夫があちこちにされているのがわかります。ネット裏地が施されているのが一般的ですが、一度装着してしまうと簡単には外す事ができないものだからこそ、ウイッグ選びは慎重にしてください。

参考リンク:REIZVOLL / 医療用ウィッグ販売

選びのポイントは

自分にあったウィッグを選ぶ時はいくつか選ぶポイントがあります。症状に合わせて選ぶ場合は、脱毛症の関係で選ぶなら以前のスタイルと違和感なく装着したいでしょうし、ファッションで装着するのと違って装着している時間帯が長いですから、蒸れないような工夫がされている事も重要ポイントになります。抗ガン剤治療の副作用で脱毛してしまったというなら、まだ髪があるうちに準備するのと髪がほとんど抜け落ちてしまってから装着するのとでは、若干頭のサイズが違ってきます。状況にあわせて大きさの調節ができる事も大事です。

最も人気なのは人毛でできたウィッグです。カラーや雰囲気が自然にまとまりやすいです。素材で選ぶのも選び方としてのポイントの1つです。いずれにせよ、必ず試着を事前にしておく事を忘れないでください。多くのユーザーが外見だけで決めてしまったゆえにゆるみやすくて使いづらかったという事で後悔する声も聞こえてきます。意思表示が充分にできるためにもなるべく抗ガン治療が始まる前の試着と購入がおすすめです。

ガンが改善してくると再び自分の髪が伸びてきますから、そこで再びサイズ直しが重要になってきます。アフターフォローが充実している事は、お店選びの観点から大切な項目です。自然なスタイルに収まるようにカットも必要になってきますが、そうした事も含めててどこまでサービスしてくれるのかも要確認です。

ほんとに良質で自分の気持ちにもフィットした製品を選ぶ場合は、製品選びとお店選びと両方から見ていく事がポイントになります。

医療用ウィッグ選び

医療ウィッグというのはあまり聞き慣れない言葉ですが、ガン治療を始めた患者や円形脱毛症など当事者向けに制作されたウィッグをさしています。医療用ウィッグの購入が医療ウィッグです。長さやスタイルあるいはカラーが各種ありますし、好みで選ぶ事もできます。あまりに病気前との違いが大きいのも違和感があるし同じスタイルにしたいとの要望もあります。ちょっと違うスタイルも楽しんでみたいという要望もあるでしょう。

それぞれの思いと予算で選べばいいのです。脱毛症で買い求める人の多くは通勤や通学しながらの装着になるでしょうから、通気性や自然に見える形は重要です。人毛素材もありますからより自然な仕上がりになりますから、外見からは病気に気づかない事もあります。抗ガン剤の影響でウィッグの購入を考える人の多くは日ごろのお手入れが気になるところですが、親切丁寧な対応を心がけているところなら、そうしたお手入れや整髪のサポートもしてくれます。

購入後に後悔しないためにもお店選びは重要ですし、素材選びも欠かせません。